メインページに戻す

甚深トーゴー追加で甚深5グッズに

甚深トーゴー(じんじんトーゴー)
メインページ
※ 簡素化の為に甚深ミミョウVer.10.7を略して甚深ミミョウ甚深ユーゴーPOWERを略して甚深ユーゴーとします。

 甚深ミミョウエーミー甚深ユーゴー甚深3グッズ半年以上携帯されて、生命力を5,000カウント以上にして戴いたユーザー様に、新たに甚深トーゴーを追加して戴ければ精神面での安らぎも高めて戴けるようになりました。

※この度のグッズは甚深3グッズ統合して発揮する第4のグッズである事から甚深トーゴーと名付けました。

 甚深トーゴーは黄色いビニール管で覆われた円筒部(下左画像)と2層断熱材(下右画像)の2グッズ(下中画像)で構成されます。



 脳内で分泌される幸せ(愛情)ホルモンであるオキシトシン濃度を高める効能を追加できるようになりました。

甚深5グッズ

 甚深ミミョウエーミー甚深ユーゴーの3グッズに甚深トーゴー2グッズが加わって甚深5グッズになりました。

 甚深ミミョウを携帯していると、食害や環境害などを無害化します。
  ※食べ物や身の回りの品物から侵される被害は外因性のストレス要因を言えます。
 エーミー添付で甚深2グッズにすると甚深ミミョウの効果を増幅します。

 甚深ユーゴーPOWERを甚深ミミョウとエーミーに添えた甚深3グッズを携帯していると、肉体内在して再生の営みを遅らせる原因となる関節の硬さを軟化させて改造を早めます。

 甚深3グッズで、内因と外因の2つの脳を撹乱し邪魔するマイナス要因が排除されるので、自力の生命維持力や再生力が蘇り、全身の大改造が進みます。

 しかし甚深3グッズを携帯していても、お客様によっては精神的な不調が尚改善できない方がいらっしゃいました。
 ヒラメキ感覚を高めると、脳内ホルモンのオキシトシンの濃度が低い事が判明したのです。
オキシトシン濃度を低くする原因は出産や成長期の精神的な悪体験に関係しているようです。

心理療法でオキシトシン濃度を上げられれば、セラピー効果が向上するものと考えられます。

臨床心理士の東豊教授とクリニックについて当院のお勧めサイトに紹介しております。


 この度発表の甚深トーゴーを加えて甚深5グッズにすると、生命力が5,000カウント以上に増大した健康な肉体を土台にして、脳内ホルモンを整えて精神面の安静化に図り、健康作りの自力も高めるので、残る不調を改善させて心身共に明るく元気な日常生活を送れるようになると期待できるのです。


 甚深トーゴーが持つ効能の中で、精神面で脳を静める働きの背景には、脳内ホルモンのオキシトシンの分泌量を促す効能があるのです。 (オキシトシンについては5.オキシトシンの補足説明を参照下さい。)
 オキシトシン濃度が低い方には、鬱やガンや認知症などになられている共通性が認められるのです。


●私の感覚で顔や姿を見させて戴くと、その方のオキシトシン濃度を読めるのです。

オキシトシン濃度が正常な方は5カウントと読めます。正常な出産の後のお母様や乳幼児を見ると20カウントある事が分かります。お子様が小学生の頃になるとお母様とお子さんは10カウントに下がり、中学生以降はいずれも5カウントで定常化します。

 しかし帝王切開無痛分娩で産まれた人や、正常分娩で産まれた人でも成長期に何らかの苦痛やトラウマに遭った人は、オキシトシン濃度が1カウントや0.5カウントになってしまう事が分かりました。

 こうした低い濃度の方は、例え甚深3グッズをお求め戴いていても、精神的な不調が原因と思われる諸症状が現れずに悩まれている傾向がある事が分かりました。

●オキシトシン増大効果
 新たに甚深トーゴー(2グッズ)を追加して甚深5グッズにして戴ければ、お顔の写メでオキシトシン濃度が1カウント以下と判別されて心身の不調が残るユーザー様でも、甚深3グッズを購入され半年以上携帯されて生命力が既に5,000カウント以上になっていれば、5グッズ携帯後すぐにオキシトシン濃度の目標値が20カウントに増大し、実際の濃度が増大すると共に徐々に心の安静を感じて戴けると思います。


 



 甚深トーゴーを加えた甚深5グッズの効能の他の効果としては、全身の神経支配ホルモン血液リンパ循環も徐々に正常にしてくれると思います。その結果健康でストレスに強い体になれるとも言えます。

 またバクテリア(細菌)などの感染に対して撃退する力(免疫力)も高まり、非罹患か罹患しても軽く早期に治癒できる力も高まると考えられます。


 ※甚深トーゴー単品では全く効能はありません。甚深5グッズにする必要があります。
 ※甚深トーゴーをご購入戴けるお客様は


(1)甚深ミミョウ甚深ユーゴーの両グッズを携帯中のお客様

(2)甚深ミミョウをお持ちで、甚深ユーゴーと共に購入戴けるお客様

(3)甚深ミミョウ甚深ユーゴーと共に3グッズを纏めて購入戴けるお客様

のいずれかの方に限らせて戴きます。


効能が及ぶ範囲

尚、トーゴーが発揮する力が及ぶ範囲は半径10mです。

 お届け時に同梱します白いワンタッチベルトで巻いて、5グッズが相互に動かぬように固定してから布袋に収めて下さい。(下の右画像)

 


 甚深トーゴーの黄色い円筒状のグッズは、素材として配電端子用の絶縁キャップ3個から成り立っています。
補強の為に円柱形のバルサ材を貫通させて芯にしています。(合計で200円以下の素材です)



※その材料費は100円前後で、200円のミミョウやユーゴーと同様に至って安価な材料で構成されています。

これらに私のヒラメキで得た処理行程を施して、それぞれのグッズに効能を与えた物です。


1.価 格

    1件 70,000円

注意1.1件とは、黄色の円筒状グッズと断熱材片グッズを1個ずつの1セットではなく、お持ちの甚深ユーゴーの個数を意味します。
    ご注文の際にはお持ちの甚深ユーゴーの番号と共に個数をお教え下さい。
    もし甚深ミミョウを5個お持ちでも、甚深ユーゴーは3個お持ちなら、
    1件のご注文で甚深ユーゴーの数と同じ数の甚深トーゴー3セットをお届けする事を意味します。

注意2.既に1件購入戴いたお客様が、後に甚深ユーゴーを追加購入される場合は、
    甚深ユーゴー追加個数と同じセット数の甚深トーゴーを無償で添付致します。

注意3.当初の甚深トーゴーを購入戴き、円筒状のグッズだけをご使用のユーザー様へは、
    既に無償で断熱材片を納入個数分だけ郵送し終わっています。

2.サ イ ズ 重さ
 黄色い円筒状のグッズ:  直径;8mm、長さ;50mm、重さ;2g
 長方形の断熱材片のグッズ: 縦;20mm、横;50mm、厚み;4mm、重さ;1g以下

布袋に5グッズを収めた重さ;25g

3.ご 注 文

 ご注文はご注文の方法と商品のご納入のページでお願いします。

4.発 送

●甚深トーゴーのご注文には、黄色の円筒部2層断熱材ワンタッチベルトをお納め致しますが、1個目のご注文の場合には若返り用研磨剤輪ゴムもお付け致します。(左画像)

 甚深トーゴーだけのご注文の場合は、購入戴いた個数甚深トーゴー(黄色の円筒部と2層断熱材のセット)白いワンタッチベルトを、ポリエチレンのカードケース(ブルーかピンク色)に収めて出荷致します(右画像)。

※Poohさんの小箱は製造中止になりましたので、カードケースに変更しました。

 甚深トーゴーのご注文が1個目の場合は、若返り効能の研磨材1枚も添えて出荷致します(中央画像)。

※将来甚深ユーゴーPOWERを追加購入戴き新たな甚深5グッズにして戴く度に、若返り効能を転写する用途にお届けした研磨材を使用し続けて戴きますので、収納用のカードケースに研磨材を収めて保管して下さい。

カードケースのサイズ; 縦 99mm、横 77mm、厚さ 18mm
  


 白いワンタッチベルトが届きましたら、お持ちの甚深ミミョウVer.10.7と甚深ユーゴーPOWERとエーミーに甚深トーゴーを下図のように並べて、ワンタッチベルトでしっかりと巻いて固定して下さい。それを布袋に収めて携帯して下さい。


 お届けにはクッション入り白封筒に収めて、郵便局のゆうパックでお届け致します。



●ご注文が甚深ミミョウや甚深ユーゴーと一緒の場合は、甚深トーゴー入りのポリエチレンのカードケースを段ボール箱に収めて、ゆうパックで発送致します。



5.オキシトシンの補足説明

 オキシトシンは分娩時の陣痛発症の過程で母子に分泌されるホルモンだそうで、愛情ホルモンとか癒しホルモンとか幸せホルモンとも呼ばれるようです。

2014年4月5日(土) NHKスペシャル 人体 ミクロの大冒険 第2回 あなたを変身させる!細胞が出す"魔法の薬"(4/5放送)を見てました。速記メモ。

NHKオンデマンドでの放送

 そこでテレビ報道で映る鬱病の患者様の姿を見ながらオキシトシン分泌量を指テストで計ってみたら、何と濃度が数値で感じ取れて計れたのです。

 健康な大半の方は5カウントなのに、鬱病認知症など精神に不調をお持ちの方にはたった1カウント前後しかなかったのです。

 1カウントの方は脳が興奮状態にある傾向なので、イライラして他人を遮断して部屋に引き籠もったり、すぐにキレてしまう心理が働いてしまう恐れがあると思われます。
また脳を興奮状態にさせ続ける過去の記憶を忘却させて、楽になろうとする働きが認知症を呈してしまうとも考えられます。

 また1カウント以下の人は、他人から見られると生理的に不快を感じさる対象になり、無視されたりいじめの的にされてしまう傾向もあるようです。

 特に強烈な苛立ちから逃れる為に自暴自棄になり、他人を斬りつけたり、車で轢き殺そうとするような加害者の顔を見ると、0.5カウント程度のオキシトシンしか感じ取れない共通点があったのです。

 一方出産後のママさんと赤ちゃんの姿を見て計ると、両者に何と20カウントあるのです。
この愛情ホルモンのオキシトシンは、出産時に胎児が産道を通る際の陣痛や苦しみと同時に母体に湧いて、母性本能を満杯にさせて、深い愛情で育児と保護に専念するように変わらせるのでしょう。
出産前は不安と共に「子供は苦手で育児に自信がない」と言っていた女性が、ママになった途端に溺愛するようになるのはオキシトシンの噴出による魔法なのでしょう。

 同様にパパさんの姿を見た場合は、育児が好きで協力的な人なら10カウントに上昇する事も確認できています。(20カウントのパパさんには巡り逢った事がありません)
しかし仕事優先で育児に消極的な多くのパパでは、平常値の5カウントのままのようです。
意識とか自覚が強いだけでオキシトシンを噴出させるのでしょうか。それとも何か別の刺激があるのでしょうか。

 子供が成長して小学生になった頃には、母子共に10カウントに低下し、父親は平常値の5カウントに戻るようです。
そして中学生になると母子共に平常の5カウントに戻って安定する事も確認できました。

 尚、希に母子共に1カウントしかない親子もいらっしゃいました。帝王切開とか無痛分娩などが原因しているのかも知れません。しかし断定はできません。

 また1カウントしかない成人の方は、皆が帝王切開で生まれた筈はありません。
実は産まれた時は20カウントで産まれても、その後1カウントに激減させてしまう節目があったと考えられます。

 その後の生活の中で激しい身の危険に遭った時とか恐怖の体験をした時とか家族などにショッキングな出来事が起こった時などに、オキシトシン濃度が激減する反射が起こってしまうと考えられます。

 例えば親との死別、親の離婚による離別、親によるDV、激しいいじめ、激しい運動、テレビ番組で強要される危険行為、災害や事件や事故に遭遇などが原因しているのかも知れません。その後回復できずに1カウントの状態が続き、徐々に鬱症状などの不調が起こってしまうと思われます。

 実際に有名タレントさんの中にも、最近の写真では1カウントなのに、学生時代の写真では5カウントで正常だったという人も確認できています。その方は嘗て大きな出来事に遭遇されたというニュースが思い出されます。
 またテレビ番組の企画で危険なパフォーマンスを強いられているお笑いタレントの中にも、オキシトシンが1カウントになっている人を多く見かけます。
 こうした方々の将来の健康が心配になります。

 逆に犯罪を犯したり自殺してしまった方々の写真を見ると0.5か1カウントになっている共通性が見られます。

 またガンや認知症や鬱で病む方々を見ても共通して1カウントになっておられる事が分かります。
こうした症状で悩む方々が、甚深トーゴーを含めた甚深5グッズを携帯していれば、きっと改善の方向に変われると思われます。



メインページへ