私達の先祖供養の紹介

御先祖供養で夫婦の先祖を祀り、成仏や因縁浄化を祈願して毎朝法華経のお経を上げるようにしています。
それも祖父母だけでなく明治時代や江戸時代までの代々の先祖を調べ上げて沢山の御先祖を供養しています。
そして親戚や知人にもお誘いして、他家にも御先祖供養を広げる大乗修行もさせて戴いております。

すると修行の功徳として、自分や配偶者の過去世の因縁も浄化され、来世にも功徳が活かされるそうです。
またその功徳が家に纏わる因縁や、未来を担う子供達の因縁も浄めて戴けて、親としての役目も果たせる訳です。

沢山の家族が先祖供養をすればする程、日本の国を守る力になるそうです。
中国や朝鮮やアメリカなど外国から日本を守る為に、表は政治や防衛体勢にお任せして、裏は先祖供養の修行で国に尽くしたいと思います。

御先祖供養の修行は「・・・に成りたい」「・・・が欲しい」と願い事したり、地位・名誉・財産が得られたり、宝くじに当たる等の功徳を祈願する道でもありません。
霊界で人として産まれる時に、御先祖供養をしますと神仏と約束した勤めだそうです。
そして先祖供養を行ずる程功徳が積まれ、大難を小難に、小難を無難にして戴けるようです。
そして自分の業障な根性も少しずつ穏やかに変えて戴けるので、人に優しく、人からも光る存在になれるようです。
神仏からも可愛がられてヒラメキを賜りながらの日暮らしで、生かされる安らぎの中で感謝に充ちた幸せな生活をさせて戴けるようです。

神仏の知恵は大海の如しで、人間の知恵は雨垂れの一滴だそうです。

私が行じている先祖供養にご興味があればお話しさせて戴きます。



メインページへ